FC2ブログ

休みの日6 day off6

明日は健康診断なので、今晩は飲酒もお休み。

As I have medical checkup tomorrow, I stop drinking tonight.

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

葡萄栽培を学ぶ21(再び剪定の話) Learning viticulture21(back to pruning)

今日から再度剪定編に戻ります。
さて、2年目終了後になると剪定方法も仕立て方によってかわるので、まず仕立て方法を決める必要がでてきます。
そして仕立て方法も葡萄の種類、欧州系、欧州系とアメリカ系のハイブリッド、アメリカ系によって変わってくるようです。今のところ欧州系とハイブリッドで考えていますが、その場合だとコルドンー長梢、ニッフィンシステム、ケウカハイリニューアル、ジェニーヴァダブルカーテン等が涼しい地域には向いているらしいです。
まだ手持ちの樹は1年目と2年目なので、それほど急ぎませんが、具体的に住む場所や畑の場所が決まってないので、はやいところ確定させていです。

From today, back to about pruning.
Anyway, after two years growth, pruning method will diverge based on training system I intend to use. There for I will have to decide it.
And training system depends on the type of grape, vinifera, vinifera-American hybrids or American. Now I'm planing to grow first one and second one. In that case, the suitable training system for cooler area are cordon - cane, Kniffen system, Keuka high renewal or Geneva double curtain and so on.
As my vines are one years old and two years old, I don't have to so hurry. However The area I will live or of my vineyard haven't decided yet so I want to do it as soon as possible.

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

葡萄栽培を学ぶ20 芽吹きはじまりました。 Learning viticulture20(begining of bud burst)

いよいよ芽吹きが始まりました。
シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュラー・トゥルガウとありますが、ミュラー・トゥルガウが始まり、シャルドネはもう少し、ソーヴィニヨン・ブランはまだ気配なしです。
ソーヴィニヨン・ブラン(Sauvignon Blanc)
シャルドネ(Chardonnay)
ミュラー・トゥルガウ(Muller-Thurgau)

It's begining of bud burst.
I'm growing three varieties, Chardonnay, Sauvignon Blanc and Muller Thurgau. The first is Muller Thurgau. Chardonnay is just before the bud burst. Sauvignon Blanc not yet.

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

葡萄栽培を学ぶ19 Learning viticulture19

葡萄栽培についてではないですが、面白そうな本を見つけました。除草剤を使わず、肥料もほとんど使わずに作物を栽培する方法を書いた本で、試してみようと思う部分もあります。雑草を刈った後でそれをそのまま根覆いに使ったり、微生物の多様性を活かして病害虫を防いだりと非常に参考になる本です。
参考図書(reference book)


Though it's not about viticukture, I found an exciting book. This says to grow crops, herbcide is never needed and we almost don't use fertilizer. In some part I want to try the method. After mowing the grasses, make use of them for mulching or to prevent diseases take advantage of the varieties of microorganism. These idea are so useful for me.

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

休みの日5 Day off5

今週末は青森に移るための準備を開始する予定。今の家の解約通知やその他、住所変更等の手続も一覧を作っておこなくては!

This weekend I'm planing to begin the preparation for moving to Aomori pref. The cancellation for my present residence or making list of submission destination to notify my moving.

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

葡萄栽培を学ぶ18 Learning viticulture18

剪定についての4回目。
植樹2期目までの注意点として、最初の2期目までは葡萄の樹に花が咲いた時点で切り取ったほうが良いらしいです。植物部分と果実(花)の部分の成長は競合するらしいので、これをやっておかないと先々の葡萄の実の生育状況に大きく影響するらしい。
ですので、今年は花が咲いたらすぐ切ってしまいます。

Fourth time about pruning.
As the point I have to be careful in first two years, after flowering we'd better cut off them during this term. Since fruit(same as flower cluster)yield and vegetative growth compete for the vine's resources, allowing fruit to develop will slow down training and you'll get less fruit the long run.
Then,I will take all flower clusters off in this season.


テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

葡萄栽培を学ぶ17 Learning viticulture17

剪定の3回目。
剪定の仕方は仕立て方によっても変わりますが、植樹して最初の2年は同一の寄り方になる。
1期目で樹がしっかりとそだち、垣根の下段まで到達すれば新梢を1本にし、残りを切り落とす。
1期目の生育が良くなかった、または2期目に新梢を垣根の上段にしっかりと届かせたい場合はさらに一番下の1芽を残してすべて切り落とす。

Third time for pruning.
The way of pruning depends on the training adopted for the vine. But in the first two yearsafter setting out new vines, all varieties for all training systems are handled the same way.
If the vine has made vigorous growth in the first season and reached the bottom wire, prune to one cane.
If growth has not been vigorous, or you want to produce a strong cane that will surely reach the top wire in second season, prune back to one bud at the start of the second year.

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

葡萄栽培を学ぶ16 Learning viticulture16

続きを読む

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

葡萄栽培を学ぶ15 Learning viticulture15

剪定についてのトピックの途中で、別の内容についてふれます。
『スマート アグリ』、つまりIT技術を活用した農業について。近年 AiやIoTといった言葉をたびたび新聞でも見かけますが、農業分野でもそうした技術活用の話をよく聞くようになりました。自分としては小さい規模で立ち上げるので、すこしづつそうしたやり方も検討したいと思うのですが、どんどん新しい技術が出てくるので、ついていけるかどうか不安ではあります。

スマートアグリ(Smart Agri)


On my way of Learning pruning, today I have other topic.
『Smart Agri』 meaning agriculture using IT. These years, I often find the articles about AI or IoT on newspapers and it's same in the agricultural area. In my case, As I will start my vineyard work in small scale, I will consider if i make use of such technologies. However They advances so fast that I'm wondering I can catch up or not.

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

葡萄栽培を学ぶ14 Learning viticukture14

今回は剪定について。おそらく葡萄栽培のなかでも一番の肝だと思います。
剪定方法は葡萄の樹の仕立て方も影響し、その仕立て方は主なものだとヘッドトレーニング(写真上)とコルドントレーニング(写真下)の二つがある。剪定方法には長梢剪定と短梢剪定があり、ヘッドトレーニングだと長梢と短梢のどちらの剪定方法も選べる。コルドントレーニングだと多くの場合が短梢剪定になる。
ヘッドトレーニングの場合短梢剪定は温暖で乾燥した場所に向くので、長梢剪定になる。ヘッドトレーニングで長梢かコルドントレーニングで短梢剪定の選択肢になりますが、長梢は難しいと聞いたので、コルドン・短梢になるかと思います。
ヘッド(head)
コルドン(cordon)


This time about pruning. Probably pruning is the most important part of viticulture.
The way of pruning depends on how to train vines. The main tarining system are head training( picture above) and cordon training(picture below). There are two kinds of how to prune vines, cane pruning and spur pruning. In case of head training, we can use both cane pruning and spur pruning. When selecting cordon pruning, mostly adopt spur pruning.
As the spur pruning trained by head is for the place with warm dry climate, when I select head training, the pruning way should be cane. The options of me are cane with head training or spur with cordon training. I've heard cane pruning is difficult. So my choice will be spur.

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

小野 史典

Author:小野 史典
2019年から父親の出身である津軽に移り、ワイン・果実酒にまつわる仕事を
していくことになりました。
その記録をブログで残していこうと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR