FC2ブログ

葡萄栽培を学ぶ21(再び剪定の話) Learning viticulture21(back to pruning)

今日から再度剪定編に戻ります。
さて、2年目終了後になると剪定方法も仕立て方によってかわるので、まず仕立て方法を決める必要がでてきます。
そして仕立て方法も葡萄の種類、欧州系、欧州系とアメリカ系のハイブリッド、アメリカ系によって変わってくるようです。今のところ欧州系とハイブリッドで考えていますが、その場合だとコルドンー長梢、ニッフィンシステム、ケウカハイリニューアル、ジェニーヴァダブルカーテン等が涼しい地域には向いているらしいです。
まだ手持ちの樹は1年目と2年目なので、それほど急ぎませんが、具体的に住む場所や畑の場所が決まってないので、はやいところ確定させていです。

From today, back to about pruning.
Anyway, after two years growth, pruning method will diverge based on training system I intend to use. There for I will have to decide it.
And training system depends on the type of grape, vinifera, vinifera-American hybrids or American. Now I'm planing to grow first one and second one. In that case, the suitable training system for cooler area are cordon - cane, Kniffen system, Keuka high renewal or Geneva double curtain and so on.
As my vines are one years old and two years old, I don't have to so hurry. However The area I will live or of my vineyard haven't decided yet so I want to do it as soon as possible.

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

小野 史典

Author:小野 史典
2019年から父親の出身である津軽に移り、ワイン・果実酒にまつわる仕事を
していくことになりました。
その記録をブログで残していこうと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR