FC2ブログ

葡萄栽培を学ぶ31(寒冷地での剪定) Learning viticulture 31(pruning in cold area)

寒冷地では剪定を遅らせるか、2回剪定を行うやり方が良いようです。寒冷地では凍害を考慮し剪定を芽吹き直前まで遅らせるか通常通り剪定するが、梢を通常よりも多く残しておいて凍害の状況を見て残りを剪定する方が凍害リスクを回避しやすいようです。
この方法だと葡萄の成長が通常より遅めになり、実付きも少なくなりますが、葡萄の成熟具合は通常と変わらず、実質の良い葡萄になるみたいです。

In areas where late freezes occur, delayed or double pruning are recommended. In that place the best ways are that pruning is delayed or at the normal pruning time twice the number of of 10-bud canes are left as are wanted until the buds just start to swell to prevent late freezes.
In these ways, although the crops start to ripen later and the grapes are reduced in quantity, final berry maturity is reached at about the same time and the quality is higher.

《葡萄の生育状況 How the grapes are growing》
 ●MT 2(ミュラートゥルガウ 2年生の略) (short for Muller thurgau 2 years old)
  芽数も多く、殆どが芽吹いて展葉しているものもある。 Has many buds and most of them were bursted. Some leaves are developping.
mt1mt2

●CH 1(シャルドネ 1年生の略) (short for Chrdonnay one year old)
芽数は10くらい。 芽吹きが近いように見える。 Has about 10 buds. Looks like the buds burst will be soon.
ch1ch2

●SB 1(ソーヴィニヨン・ブラン 1年生の略) (short for Sauvignon blanc 1 year old)
 芽数は10くらい。芽吹きの気配伺えず。 Has about 10 buds. Looks like buds burst hasn't come yet.
sb1sb2

 

  

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

小野 史典

Author:小野 史典
2019年から父親の出身である津軽に移り、ワイン・果実酒にまつわる仕事を
していくことになりました。
その記録をブログで残していこうと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR