FC2ブログ

葡萄栽培を学ぶ37(日本の気候) Learning viticulture 37(The climate in Japan)

葡萄栽培をするにあたって、日本の気候というものが気になったので調べてみた。特に日本は高温多雨なので年間雨量を調べてみると、900mmから多いところだと1,500mm以上になるところもかなりありました。ちなみに葡萄の生育期間となる4月から10月まででみると主要ワイン産地と東京、これから住む予定の青森の西側でこんな状況でした。

 北海道 余市:692.8mm   山形県 山形市:781.7mm 山梨県 甲州市:848.9mm 長野県 東御市:787.6mm
東京都:1,159.4mm 青森県 弘前市:663.7mm

弘前市も年間で見ると1,000mmを超えるのですが、12月から2月にかけての降雪もカウントされるようで、その期間中が330mmくらいあります。参考までに太平洋側の八戸の場合3月から10月にかけて780mmくらい。
中学生の地理の授業で太平洋側は春から秋にかけて雨量が多く、日本海側は冬場が多いと教わりましたが、気候の変動が進んでも傾向は変わらないようです。

Being a bit interested in Japanese climate, I looked into that to start viticulture. Especially as it is said the Japanese climate is high temperature and much rainfall, I checked annual rainfall. The result is most of the region have more than 900 mm and at some region have more than 1,500 mm. Between April and October, grape growing season, at the regions which are famous for viticultural areas, the rainfall is following.

Yoichi Hokkaidou pref : 692.8 mm Yamagata Yamagata pref : 781.7 mm Kousyu Yamanashi pref : 848.9 mm
Toumi Nagano pref : 787.6 mm ( Preference Tokyo 1,159 mm Hirosaki Aomori pref I'm going to move to : 663.7 mm )

Tough Hirosaki also has more than 1,000mm annual rainfall, the snow is counted and between December and February the region has about 330 mm. In addition Hachinohe in Aomori pref, facing Pacific ocean, has 780 mm during grape growing season. Hirosaki is west side of that pref.
I learned in Japan the regions of Pacific ocean side have much rainfall in summer and autumn and opposite side, Sea of Japan side have in winter and early spring. Though the climate has been changing, in some part the tendency of Japanese climate has't been changing.

  

テーマ : ワイン WINE
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

小野 史典

Author:小野 史典
2019年から父親の出身である津軽に移り、ワイン・果実酒にまつわる仕事を
していくことになりました。
その記録をブログで残していこうと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR